運動後

チーズに含まれる乳酸菌が腸の働きを助けてくれる?

乳酸菌は、チーズに限らず多くの乳製品に多く含まれており、人間の体に非常に重要な、かつ有益な影響をもたらします。
チーズの場合、その影響が特に強いと言えます。

乳酸菌は人間の体内にも常駐します。
人間の体内には100種100兆個の細菌が生息しています。
特に、幼児の体内には非常に多くの乳酸菌が生息しており、様々な病気や最近から体を守っています。
また、成人の体内にも多く含まれており、乳酸菌は善玉菌と呼ばれるものの一つです。

これら善玉菌は、人間の健康に欠かすことはできません。
乳酸菌が腸内の糖類や炭水化物を発酵させ、乳酸を生成します。
この乳酸が腸内の雑菌を抑えたり、アレルギー作用を和らげたりします。
また、ピロリ菌を抑えることで、感染性の腸炎にかかりづらくする、荒れた腸を整えるといった効果もあります。

チーズに乳酸菌が多い理由として、チーズの生成自体に乳酸菌が使われていることが挙げられます。
牛乳を発酵させる際に使っている菌の一つに乳酸菌も含まれています。
基本的にどのような製法のチーズでも牛乳を発酵させて作るという点には変わりがないので、乳酸菌が牛乳より多くなるのはそのためです。
この仕組みが栄養素をたっぷりと含んでくれます。